サイト仮公開っ!

「白と黒の花祭」のサイトが公開となりました。
http://hanamatsuri.amanogawa.to/となります。
アンケートを継続公開中です。

2009年09月23日

即売会のルールの話

どうも、主催のあかみです。チラシ配布先は順調に増えつつあります。……というのは置いておきまして、今日は即売会のルールのこと。

即売会参加にはいろいろなルールがあります。ルールがあること自体、そして存在するルールを守らなければならないことは当然なのですが、実は具体的なルールの中身は即売会によってずいぶん違っています。

コミケでは当たり前と思われている「飲酒禁止」や「長物持ち込み禁止」にも、世の中にはその例外になっている即売会があります。
たとえば松本のコミックファクトリーさんでは長物持ち込みOK。……というか、長物持ち込みに関しては全国的にはOKしている即売会のほうが多いのでは?とすら思います。花祭でも規制予定はとりあえずありません。
さすがに会場内での飲酒を堂々と認める即売会は少ないのですが、それでも「コミッククリエイション」や「つるかめざっか」といった例を思い出すことができます。主催者が無知だからルールの存在を知らずに飲酒を認めているということですらなく、たとえばコミクリはサンクリを主催しているクリエイション事務局の主催。つるかめざっかも高知で長らく「黒潮雑貨」というオールジャンルイベントを開催している黒潮カンパニーさんの主催ということで、皆さん「すべてを承知の上で」飲酒OKのルールを出しています。コミクリには参加したことがありますが、一升瓶の林立するサークルスペースが印象的でした。

当たり前と思っているルールでも、そのルールにどんな意味があるのかもう一度考えてみるべきです。意味・効果のあるルールなら残すべきですしきちっと守る価値があります。一方で、意味・効果のないルールなら残す必要はありません。

花祭でも、ルールは必要最低限に絞り込みたい所存です。厳しいルールで参加者を縛っても、窮屈に感じるだけですし。
そのかわりと言っては何ですが、ルールがないことは「何をやってもいい」ということではありません。自分たちに、そして周りの人たちに迷惑をかけることは、ルールがあろうがなかろうがNGです。ルールを守ることよりも、ルールを守る意味すなわち迷惑をかけないこと、を考えてください。

#ルールが明示されることで、「ルールに違反する」ことが本来の意味を超えて「迷惑」のように感じてしまうケースも見受けられます。それはそれで筋違いですよね……。



posted by あかみ at 22:51| Comment(0) | 主催日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。